タッチラグビー

元気に子育て、ニュージーランドの子供たち

ニュージーランドの生活、今日は習い事のタッチラグビーでのお話です。

今朝からどんより曇り空、恵みの雨 期待してたのに降りませんでした。

夏しかやらないスポーツ タッチラブビー

タックルをしないで、5回タッチされたら、相手チームのボールになるというラグビーと鬼ごっこが合わさったようなスポーツです。

下の子(ティフ:愛称)は昨日が最後のゲームでした。

タッチラグビー

上の子(アーヤ:愛称)は今日が最後で、

いつも木曜日は 友人と交替で 学校から連れて帰ってきて、タッチが始まるまで 遊ばせてタッチへ連れて行く。といった感じで自然にルールが出来上がっていました。

今日はアーヤが友達を連れて帰ってくる日

息子が友達を連れて帰ってくる日は必ず、お菓子を焼きます。
何故かというと 男の子の食べる量が半端じゃないから!

今日はチョコレートクリームパンを焼きました。

そしたら、吉田君:仮名(息子の友達)ったら

「Oh! Kay!
Kayの作るものは世界一美味しいよ。
料理大会に出場したら、絶対優勝できるよ。僕が保証するよ 」

ってもうとろけるような褒め言葉を浴びせられたのです、しかも10歳の子供に!!!!

海外で子育て

真中でポーズしているのが吉田君:仮名

そしてラグビー場へ送って行き 試合前のウォーミングアップ中に、彼の両親がやって来ると、
練習なんてそっちのけで、
「Mum Dad Listen!!!  Kayは世界一料理が上手なんだよ。」

って私 自慢しちゃってますけどね。ええ、思いっきり。

もう10歳からして こんなに褒めるのが上手なんですよ。 ありえな~い。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。ひと押し
下さると嬉しいです。(*゚▽゚*)

 

この記事は2008年に書いたものです。ちょっと時代がずれててごめんなさい。
ニュージーランドの子育て風景を皆様にお伝えしています。

Kインターは不登校の未来を変えるお手伝いをしています。「不登校留学